少年迷路

主として美少年と推理小説についての感想を書き並べます。

【読了】甲賀三郎『蟇屋敷の殺人』河出文庫

古い時代の探偵小説好きにはタマラナイ作品です。甲賀三郎『蟇屋敷の殺人』を読了しました。

蟇屋敷の殺人 (河出文庫)

蟇屋敷の殺人 (河出文庫)

 

甲賀三郎といえば、木々高太郎との探偵小説芸術論争であったり、探偵小説において本格や変格といった呼称を使い始めた人として、評論やら解説やらで言及されているのをよく見かける。しかしその作品となるとなかなか目にかける機会が少ないように思う。気軽に入手可能なものといえば、創元推理文庫の日本探偵小説全集の第1巻が黒岩涙香小酒井不木甲賀三郎の3人集となっており、甲賀三郎については実録犯罪小説の傑作と名高い『支倉事件』と「琥珀のパイプ」「黄鳥の嘆き」など4つの短編が収録されている。ただこれだけでは戦前に数多くの作品を残した作者を知るにはいささか物足りないようにも思う。他に近年刊行されたものでは論創ミステリ叢書の甲賀三郎探偵小説選が3冊、そして河出文庫から復刊された本書が挙げられる。

 

さて、本作についての感想を。『蟇屋敷の殺人』というタイトルからして悪趣味な探偵小説愛好家を惹きつけずにはおかない魔力を持っていると言っても過言ではないだろう。○○館の、○○家の、○○屋敷の、殺人とか惨劇とくればもうそれだけで垂涎ものである。そして冒頭、第1章「奇怪な屍体」を読んで思わず唸ってしまった。非常に魅力的な謎、怪死体、怪殺人事件。現代でも充分通用しそうな導入じゃないですか、これ?

 

東京丸の内の路上に発見された車中の首切り死体。ハンドルに頭を乗せてまるで眠っているような死体からポロリと首が落ちる演出は見事。その瞬間にいくつもの謎が立ち上がってくる。首切りといえば、死体の身元を隠すための首なしとセット(というのが現代のお約束)。しかし首が切られているだけでその他におかしなところはない。持ち物などから身元もハッキリしすぎているくらい。にもかかわらず、捜査が進むとこの死体だと思われた人物が実は生きていて、被害者はその人物の変装をしていたらしく、結局被害者の身元がわからなくなる。どんな裏があるのだろう。返す返すもなんて魅力的な謎だ。

 

といったような探偵小説趣味あふれる謎のオンパレードで読み応え満載だが、中盤以降は冒険小説のような感じになっていき、現代的な意味での本格推理小説とはかけ離れたものになっていくので(時代背景を鑑みれば当然だが)過度な期待をもって読むとツッコミどころしかないとなってしまう。けれど謎が謎を呼ぶ展開はとても劇的で最後まで飽きることなく読み通すことができる。個人的にはアルセーヌ・ルパンの長編を読んでいるような感じがしてとても面白かった。

 

冒頭に車中で死体が発見されるところとか大阪は堂島へ捜査に赴く場面とかなどは森下雨村『白骨の処女』を思い出したり、人通りの途絶えた丸の内の風景は浜尾四郎「彼は誰を殺したか」を思い出したりした。この時代の地理や風俗を垣間見ることができる点でも昔の作品はとても面白い。

 

甲賀三郎はシリーズものの探偵小説を多く書いているらしく、論創ミステリ叢書『甲賀三郎探偵小説選Ⅱ』では「気早の惣太」シリーズ、『甲賀三郎探偵小説選Ⅲ』では「弁護士・手塚龍太」シリーズが集成されているようだ。そちらも読んでみたいところである。

甲賀三郎探偵小説選〈2〉 (論創ミステリ叢書)
 
甲賀三郎探偵小説選III (論創ミステリ叢書)

甲賀三郎探偵小説選III (論創ミステリ叢書)

 

ネムネム先生のイラスト展に行ってきた。

当代随一のオトコのコ絵師、ネムネム先生のイラスト展がとらのあな秋葉原店Cの4Fイベントスペースにて開催中です。先日の三連休最終日に行ってきました。

f:id:shonen_meiro:20190116134241j:plain

昨年の冬も押し迫った時期に、コミケの宣伝やらなんやらに混じって年明けのイラスト展開催の報に接したときは股間胸が躍りました。これが本当のおちんちんランド開園。俺たちのコミケn日目。2019年、最高のスタートがきれそうだと。

f:id:shonen_meiro:20190116140302j:plain

展示会場はこんな感じで100%おちんちんなイラストがずらりと。ありがたや、ありがたや……。ネムネム先生といえばの「オトコのコHEAVEN」の表紙や「好色少年」のカラーイラストなどなど、どこを見ても男の娘、美少年、おちんちん……。本のサイズじゃないんだ。もっと大きなサイズで。なんて素敵空間。永遠に閉じこもっていたいこの場所に。

f:id:shonen_meiro:20190116141526j:plain

ただ絵が飾ってあるだけじゃない。もちろんグッズも盛りだくさん。タペストリーやらアクリルボードやらブランケットやらクリアファイルやら。受注生産の複製原画もありましたね。今回の展示会のイラストの中で一番好きな絵がタペストリーになっていたので(本当にありがとうございます!!!)部屋の一番よく見える場所に飾って毎朝拝む日々になりそうです。

とらのあなでのイラスト展は今月20日までの開催。その後、今度は25日〜27日に同じく秋葉原メロンブックスうりぼうざっか店にてオンリーショップが開催されるとのこと。こちらではまた違ったグッズがたくさん出るようです。今後も目が離せませんね。ネムネム先生のますますのご活躍が楽しみでなりません。

【祝!】刀剣乱舞4周年おめでとうございます。

4周年、ですね。早いもので。こういう周年の度に、もっと昔からあるような、もう10年くらい経ってるんじゃないの? という感情が湧いてきます。4周年というからにはリリースされたのは4年前の2015年の新春なわけで、2015年といえば自分は何をしていたのか、そう思うともう100年くらいは経ってないとおかしいような気がしてきます。これもいわゆるひとつの歴史修正主義でしょうか笑。

 

ともあれ、続いてくれるのは嬉しいものです。刀剣乱舞、4周年、おめでとうございます!

 

僕が日本刀を擬人化した女性向けのソシャゲがリリースされるということを知ったのは2015年の新春のこと、まさにリリース当日だったと記憶しています。結局、当日はなんとなく二の足を踏み、翌日に登録して始めました。なので審神者就任記念日はちょうど今日ということになります。

 

最初は正直話題に乗っかって始めた感じでしたが、やっていくうちにハマっていき、ここまで続けることに。それもこれも……。

f:id:shonen_meiro:20190115160659j:plain

推しの存在がいちばん大きいですね。極になってちょっと凛々しく、大人っぽくなったような気がします。そういうところも大好きです。オチャメな鯰尾くんがいちばんですが。

 

実写映画化や3回目の水戸スタンプラリーやゲーム以外でも様々な展開があって今後がますます楽しみです。改めて、刀剣乱舞、これからもよろしくお願いします!

アニメ版あんスタの放送開始時期がようやく決定!

先日の武道館ライブで発表があったみたいですね。2019年7月ということはつまり今年の夏アニメ。紆余曲折を経て(?)、ついにあんスタのアニメ化が実現しそうです。

アニメ版公式サイトもしっかり立ち上がってますね。これは夢じゃない……。夢じゃないぞ。夢の先だ……!

 

原作ゲームのリリースは2015年の春のこと。今年で4周年ということになりますね。アニメ化に関しては当初から取り沙汰されていたように思います。少なくともそのうちアニメ化はするだろうと。しかし、1度発表されたアニメ化が延期となったのは2年前の冬のこと。どんな『事情』があったのかは推して知るべしですが、個人的には(正直に言って)ちょっと安心したのを覚えています。いい加減なクオリティのものを見せられるよりは、もう少し待って良いものを視たいと。

 

2年前のアニメ化延期、というよりいまこの時期にアニメ化するということ、これはとてもいいタイミングではないかと思います。メインストーリーもひと段落ついて、あんスタ自体が生まれ変わろうとしている時期。ひとつの区切りとしてのアニメ化と言いますか、当初からゲームをやっている人にとってはストーリーを振り返るアニメになるでしょうし、全く知らない人にとってはゲームの導入となるアニメになるでしょうし、途中で離れた人にとってもあんスタの『現在』を知るためのアニメになるのではないでしょうか。2年前の時点ではまだメインストーリーも半ばで、アニメをやったとしても尻切れトンボになったことは間違いないでしょう。延期の理由のひとつにストーリーをきっちりやり通すことができないということがあったのではないかと想像します。


TVアニメ「あんさんぶるスターズ!」第1弾PV

問題の(?)映像はというと、PVを視る限り文句なしですね。かわいい……。みんなめっちゃかわいい……! 最後までこのクオリティでやってくれたら……。いやいや、動いて喋ってくれるだけでも最高の贅沢ですね。とにかく半年後が楽しみです。

【読了】似鳥鶏『理由あって冬に出る』創元推理文庫

冬、ですね。冬らしいものを。似鳥鶏先生『理由あって冬に出る』を読了しました。理由と書いて「わけ」と読むのはSideMと同じです。関係はもちろんありません。

理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)

理由(わけ)あって冬に出る (創元推理文庫)

 

 某市立高校に通う1年生で美術部員の葉山君が主人公。表紙を見ればわかるように、かわいい感じの男の子です。作中でもなんやかやと巻き込まれ振り回されるタイプの男の子。かわいいです。率直に言って。

 

舞台は市立高校の芸術棟。文化系の部活が居を構える建物に幽霊が出現するとの噂が流行り、都市伝説めいた噂話だがどうやら現実的な裏がある模様。幽霊話は二転三転し思わぬ事件と繋がって着地する。ドタバタ学園コメディかと思いきや本格ミステリ的なトリックも効いてる作品です。

 

物語は主人公・葉山君の1人称視点で語られます。高校生を中心にした学園もの、青春もの。文体もラノベっぽい感じでアニメ調の表紙がぴったり。ただ本書のプロローグは高校生とは全く無縁そうなエピソードになっていて、そんなところはいかにも推理小説っぽいですね。もちろんちゃんと伏線になっているのは言うまでもないことです。

 

学校の七不思議的な幽霊話から始まって段々と現実的な話にシフトしていくところ、登場人物の視点によって物語が様相を変える、本書の持つ構造が推理小説としてとても読み応えがありました。幽霊の噂話。それはいったい誰のための物語であるのか。幽霊の出現方法に関する探偵小説的な謎解きも読みどころですがミステリの本質ではありません。問題は幽霊話の理由、必然性であり、それを語る人間の思惑にある。様々な物語が錯綜して最終的には高校生にはちょっと酷な現実に直面しますが、事件の謎解きというのはだいたいそういうもので、現実はお涙頂戴とはいかないもの。「いい話」で終わらなかったところがとてもよかったと思います。市立高校シリーズ、続きが読みたいです。

 

余談ですが、気づけばなぜかうちには本書が3冊くらいあって……。なぜなのか。おかげで旧版の表紙と見比べることができてよかったと。古い方のイラストは芸術棟の雑然とした雰囲気がよくわかる絵でこちらも好きです。

f:id:shonen_meiro:20190109191256j:plain

 

【読了】梓崎優『叫びと祈り』創元推理文庫

最近は古い推理小説を読むことが多かったのですがちょっとひさしぶりに現代ミステリを。梓崎優先生のデビュー作『叫びと祈り』読了しました。 

叫びと祈り (創元推理文庫)

叫びと祈り (創元推理文庫)

 

本書は、2008年の第5回ミステリーズ!新人賞を受賞した「砂漠を走る船の道」に始まる連作短編集です。サハラ砂漠を征く商隊、スペインの巨大な風車、雪に閉ざされた修道院、伝染病の蔓延する密林などなど、現代日本の日常とはかけ離れた世界、それはまさに異世界と呼ぶべき、我々のよく知る常識や価値観の通用しない世界を舞台に、主人公である青年・斉木がミステリ趣味あふれる怪事件に巻き込まれるといった趣向の物語です。

 

本書には5つの短編が収録されていますが、最も本格ミステリ的なトリックが効いてる作品はやはり巻頭の「砂漠を走る船の道」でしょう。本当にすごかった。きれいに騙されました。砂の海のど真ん中で発生する殺人事件。極限環境というある種の密室における殺人、これだけでも非常にミステリ的においしい設定ですが、そちらばかりに気を取られていると思わぬところからこの作品のメイントリックともいうべきパンチが飛んできてKOされます。これはすごい。そのトリックに気づいた瞬間、本作のもつテーマが一気に花開く仕掛けになっています。トリックをこう使うのかとただただ呆然とするばかり。凶器に関する謎も殺人の動機も、それだけでも充分ミステリとしてよくできているのに、そのうえさらにもうひとつ……。感動しました。

 

「砂漠を走る船の道」のトリックが語るテーマ。それは視点を変えて世界を見るということ。常識や偏見や先入観を捨て去って、自分とは成り立ちを全く異にする世界の理について考えるということ。いずれの作品も自分の世界に閉じこもっているだけでは絶対に答えが見えてこないような仕掛けになっています。ミステリ的には犯人探しというよりは動機探しの方にウェイトが置かれているように思えます。奇妙な動機という探偵趣味を文化の違いという現実的な問題に絡めて描いているあたり、グローバル化によって発生するさまざまな社会問題を反映しているようにも思えます。小説は現実を映す鏡であるとはよく言ったものですが、ストーリー、トリック、テーマ、それらの使い方、合わせ方が本当にうまいなぁと。

 

また本書はただ登場人物が共通しているというだけの連作短編ではありません。物語のための物語であり、現実のための物語であり、誰かのための物語である。最後に置かれた「祈り」で、これまでの物語の存在意義がまた違った余韻を伴って再浮上してくる仕掛けになっています。物語とは語りである。本になった小説はだいたい自分ひとりで読むものですが、本書を読み終わると、まるで誰かが語って聞かせてくれたような読後感を味わうことができます。この感覚はなんなんでしょうね。シリーズものの推理小説でたまによく見るあのトリックに出会ったときの感じですね。本当に素敵な物語でした。同じ世界観でまだまだ続きが読みたいです。

美少年にしか目がいかない人のための冬アニメ2019

あっという間に冬アニメが始まる季節。まだ昨季のアニメも視終わっていないのに。でも確認だけはしなければ。今季はどんな美少年が出てくるのだろうか。

 

超次元革命アニメ Dimensionハイスクール

dimension-hs.com

ぱっと目についたキーヴィジュアルからしてもうなんじゃこりゃああああって感じ。アニメなの? ドラマなの? どうやら次元を超えるアニメらしい。そのまんまですが実際PVを視てもそのまんまだった。わかりやすいと言えばわかりやすい。


2019年1月放送開始!超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』PV

アニメの方はどうやら3Dなのかな? モーションキャプチャシステムを使ってキャストが動きも担当しているらしい。最近は2.5次元というコンテンツも定着しきたし、とても現代的なアニメ作品のようですね。内容はかなりギャグよりっぽい。アニメパートのキャラデザは刀剣乱舞鶴丸などを担当されているIzumi先生。美少年の活躍に期待できそうです。

 

W'z 《ウィズ》


TVアニメ「W’z《ウィズ》」プロモーション映像(2018.10.19 Ver.)

ご存知「K」シリーズ制作のGoHandsによる新作アニメ。ああどこを見てもイケメンだらけだ。いいぞいいぞ。主人公はDJが趣味で生配信もやってる中学3年生。うん、とても現代的。PVを視るとアクションシーンもあって、世界と世界の衝突がひとつのテーマみたいですね。

 

グリムノーツ The Animation


2019年1月新番「グリムノーツ The Animation」第1弾PV

原作はスクウェア・エニックスが配信するスマホゲームのRPG。「運命の書」によって生き方が決まる世界で、白紙の運命を与えられた少年少女の物語。なるほど、人間が生きるということは、時代、場所、環境、経済、社会などなど、あらゆる外部的な要素に規定されるものだがそれだけではない自分に固有の生き方をすることもできる、ということを童話をモチーフにして描いた世界観のようですね。そんなことより主人公のエクスくんがめちゃくちゃかわいいです。めっさ好みです。これは視聴確定か。

 

明治東亰恋伽


TVアニメ「明治東亰恋伽」PV第2弾/TV Animation "MEIJI TOKYO RENKA"(2019)

めいこいアニメ化したんだ。明治時代を舞台にした乙女ゲーが原作。かなり気になってはいたけれどPSPを持ってないので原作は未プレイ。なのでアニメ版はとても楽しみです。見た目だと泉鏡花がかなり好み。