少年迷路

主として美少年と推理小説についての感想を書き並べます。

渋川~伊香保温泉 美男高校地球防衛部シリーズ、聖地巡礼の旅。

 長らく行きたい行きたいと思うだけでなかなか行けなかった眉難市、もとい渋川市伊香保温泉へちょっとした旅行をしてきました! やっと行けた。。。というほど遠い場所でもないのだけれど笑。防衛部LOVE!が2015年の冬アニメなのでもう3年半も経つのですね。前シリーズでコラボってるときに行っておけばよかったと思っても後悔先に立たず。せめて今回のコラボのやっているうちに行けてよかった。

 防衛部シリーズにおいては主要登場人物の名前に日本各地の有名だったりそうでもなかったりする温泉地の名が使われているので視ているだけで地味に温泉地に詳しくなれたりしますね。作中に登場する眉難高校へと至る石段のモデルとされているのは群馬県中部にある伊香保温泉の石段街。車で少し走れば榛名湖・榛名山もすぐ近く、もうちょい足を伸ばせば錦ちゃんの草津温泉にも行けなくはない。そんなところ。

 さて、伊香保温泉へのアクセスも車があれば便利なのだけれど、レンタカーでもしないといけないのでおとなしく公共交通機関を頼ることに。電車でまずは渋川市の中心、渋川駅へ。そこからバスを使うことに。とはいえ、伊香保温泉自体が立派な観光地なので利便性はそこまで悪くはない。

f:id:shonen_meiro:20180918021611j:plain

 渋川駅に降り立ってすぐ目の前のバスターミナルに歓迎の幟が! もちろんHKの防衛部5人全員いますが、イチオシの一六くんばかり撮ってしまった。ここから路線バスで30分ほど揺られると、

f:id:shonen_meiro:20180918021954j:plain

 伊香保温泉にたどり着きます。この石段の果てに、眉難高校はないけれど。

f:id:shonen_meiro:20180918022112j:plain

 もちろん石段脇にも幟がずらりと。

f:id:shonen_meiro:20180918022159j:plain

 石段街、登るのにはけっこう体力使います。思った以上に疲れる。けれどそこまで長いわけでもないので結局何往復かしてしまったり。石段に沿って面白いお店がたくさんあるのでかなり楽しめます。

f:id:shonen_meiro:20180918022503j:plain

 石段を登りきった先にあるのは石段街の最奥、伊香保神社。奥に見える鳥居の下が石段の頂上ですね。そして伊香保神社のデジタルスタンプラリーチェックインポイントは写真手前右の勝月堂さんの窓に貼ってあるという。ちょっとわかりづらい。ちなみに勝月堂さんの湯の花まんじゅうは必食。

f:id:shonen_meiro:20180918022907j:plain

 石段街からさらに奥に入ったところ、伊香保温泉の源泉地にある露天風呂には渋川市と眉難市の姉妹都市協定書が飾ってありました。などなど、伊香保温泉の随所にコラボの証があって、探しながら見てまわるのは楽しかったです。まだまだ見落としているところがあったかもしれないとか思ったり。

 今回は1泊だけ、伊香保で温泉に入ってゆっくりするつもりだったので、デジタルスタンプラリーは全部はまわれませんでした。しぶかわ周遊スタンプラリーを全部まわろうと思ったら1日ではけっこう大変かも。あと予算の関係でコラボってる旅館には泊まれなかったし。またこういう企画があれば行きたいです。防衛部よ、永遠なれ!

最近購入した本について

 私が普段使っている新刊書店は紀伊國屋書店の新宿本店である。だいたい週に一度、いや、二週に一度くらいだろうか、気が向いたら足を運んではどんな本が発売されているかを確かめる。基本的に懐具合の寂しい人なので、欲しい本は星の数ほどあれど新刊を買う機会はあまり多くない。いつものことながら、選りに選って、迷いに迷って、これはと思うものを数冊。しかし今回は割とすんなり、購入したものは以下の四冊と相成った。

f:id:shonen_meiro:20180916022755j:plain

 飛浩隆『ラギッド・ガール』以外の三冊はいずれも最近刊行されたものである。しかし中身はご存知のように古いものばかりである。ここ最近、古き探偵小説の復刊が多いように思う。非常に嬉しい限りである。

 向かって右から、小栗虫太郎『紅殻駱駝の秘密』。かの大著『黒死館殺人事件』以前に書かれたという虫太郎第一の長編作品。こちらの作品は青空文庫では公開されておらず、私は名前だけは知っていたが読んだことはなかった。一切の迷いなく手に取り、そして今読み進めている最中であるが、相変わらずの虫太郎節でとても面白い。

 新版『世界推理短編傑作集2』。言わずと知れた、江戸川乱歩編の短編傑作集、そのリニューアルバージョン。旧版は一通り目を通してはいるがやはり買わずにはいられない。新しい収録作もあり、新訳のものもあり、こういう企画は全力で応援したいものである。続刊も非常に楽しみだ。

 坂口安吾『不連続殺人事件』。ついにと言うべきか、新潮文庫入である。こちらももう何度も読み返している作品。青空文庫でも公開されているので思い出したように読み返しているがやはり買わずには。

 飛浩隆『ラギッド・ガール』。こちらは新刊ではないが、紀伊國屋書店新宿本店で開催中のハヤカワ文庫フェア、その一環としてサイン本が多く並んでいて、そのうちの一冊である。これはいわゆるひとつの衝動買いというやつである。大好き、飛浩隆先生。

 

不連続殺人事件 (新潮文庫)

不連続殺人事件 (新潮文庫)

 
ラギッド・ガール―廃園の天使〈2〉 (ハヤカワ文庫JA)

ラギッド・ガール―廃園の天使〈2〉 (ハヤカワ文庫JA)

 

 

木々高太郎『わが女学生時代の罪』、読了。

 戦前から戦後すぐにかけての日本の探偵小説における記念碑的作品の大部分を網羅した選集としては現在でも手に入りやすく読みやすく探偵小説の入門書としても最適な創元推理文庫「日本探偵小説全集」シリーズ、その第7巻、木々高太郎集、未読だったので読み進めていました。

日本探偵小説全集〈7〉木々高太郎集 (創元推理文庫)

日本探偵小説全集〈7〉木々高太郎集 (創元推理文庫)

 

  800ページ近い分厚い文庫本には8つの短編と2つの長編が収録されています。内容は以下の通り。

「網膜脈視症」
「睡り人形」
「就眠儀式」
「柳桜集 二つの探偵小説」
『折蘆』
「永遠の女囚」
新月
「月蝕」
『わが女学生時代の罪』
「バラとトゲ」

 作者の木々高太郎先生は慶應義塾大学医学部卒の大脳生理学者でもあったらしく、その作品にも精神分析的な手法が登場したり、精神科医の探偵役が登場したり、医学者としての作者の知見を活かした作風が随所に見られます。精神医学の専門的な説明も出てきますが、初期小栗虫太郎作品のように訳がわからないよ、なんてこともなく読みやすいです。しかし精神病というものについての価値観なんかは、当然ながらこの時代の、現代から見れば古いものなので、すっきりと読めない部分も多々あるかとは思います。

 長編『わが女学生時代の罪』。もうひとつの長編『折蘆』も好きでしたが、こちらもとても面白かった。まずタイトルがいいですね。神津恭介シリーズに似たようなタイトルの作品もありますね。そちらはまだ読んでいませんが。

 精神病院に入院しているとある女性、この女性が本作の主人公といってもいいでしょう、その女学生時代の、過去の秘密を探っていくというお話。その過程で発生した現在の変死事件と結びついていくというところがミステリーなわけですが、この女性視点の回想がところどころ入るのでちょっと読みづらいきらいもあります。しかし登場人物の関係性が概ね明らかになり、冒頭の事件に繋がってきたところからラストにかけて格段に面白くなってきます。

 本作の大きなテーマのひとつをなしているのが同性愛だったりします。主人公の女学生時代の同性愛の思い出。つまり、百合です。とはいえ百合好きな人にオススメできるかといえば、そうもいえないわけですが。作中に描かれる同性愛観はけっこう酷かったりするので、これも当然といえば当然、そのあたりを度外視して読めるのならば。

 本作のトリックのひとつである主人公の妊娠にまつわる謎。現実的にあり得ることなのでしょうか? とても気になるところ。しかし、百合に男が介在するというのは多くの百合クラスタにとっては地雷でしょうから、やはり本作はオススメできないかもしれませんね。

 毒殺トリック自体はとても陳腐なものですが、錯綜した登場人物の関係性の中で用いているところがいい味出していますね。同性愛、異性愛、結婚、家族。本作のメイントリックはこの人間ドラマそのものにあるといってもいいのではないでしょうか。